pip の削除とインストール方法


Python の環境設定をしている際に、pipをアンインストールしたい時の対処法を紹介します。

pip

少し見ずらいかもしれませんが、ターミナルで以下のコマンドを入力します。
$ sudo easy_install -mxN pip

オプションの -mxN をつけてください。参照も削除してくれます。
このコマンドを入力したら以下のようなものが表示されます。

Searching for pip
Best match: pip 7.0.3
Processing pip-7.0.3-py2.7.egg
Removing pip 7.0.3 from easy-install.pth file

Using /Library/Python/2.7/site-packages/pip-7.0.3-py2.7.egg

Because this distribution was installed --multi-version, before you can
import modules from this package in an application, you will need to
'import pkg_resources' and then use a 'require()' call similar to one of
these examples, in order to select the desired version:

   pkg_resources.require("pip") # latest installed version
   pkg_resources.require("pip==7.0.3") # this exact version
   pkg_resources.require("pip>=7.0.3") # this version or higher
 

これで pip のパスをサーチしてわかりました。
次に削除に入ります。
以下のコマンドを入力します。パスとバージョンは自分のに合わせて入力してください。

$ sudo re -rf /Library/Python/2.7/site-packages/pip-7.0.3-py2.7.egg

$ sudo rm -rf /usr/local/bin/pip*


これで削除が完了しました。
確認するには、以下のコマンドを入力します。
$ pip --version

これで、zsh: command not found: pip と表示されると思います。